空き家管理

空き家管理

日本の2008年時点の空き家率は13・1%と03年時点と比べて0・9ポイント上昇している。リクルート住まい研究所によると、英国やフランスの空き家率は5%前後で、高齢化が進む日本は突出して高い。08年時点で全国の約757万戸の空き家のうち、管理が行き届いていないものは270万戸近くあり、1998年と比べ約1・5倍に増えた。 管理されていない空き家は倒壊したり、屋根・外壁が落下したりする危険性が高くなる。自治体からは「ごみの不法投棄で景観が悪化したり、悪臭がしたりする」「犯罪や火災の発生を誘発する」といった意見が寄せられている。地域問題の解消と資産活用の両面で活用するための通過点として必要なものと考えます。

空き家管理の前に

住む予定がないが荷物が残っているから整理しないといけない、いずれは帰省するつもり、相続が必要、どうすすめていいかわからない等、様々事情がある場合が多いです。個々の事情に対応し不動産以外の専門のことは各種専門家ご助力頂き対応していきたいと思います。管理に頼む前にしておかなければならない事にも対応いたします。

管理業務内容(基本作業)  5,000円/月

建物外観チェック(ご希望の方には別料金になりますが他会社の建築士による建物検診も行えます。)
庭木、雑草状況確認、報告
通水(水道利用可の場合)
通電(電気利用可の場合)
通風・換気(30分から1時間)
報告書送付

ご契約の流れ

お問い合せ→内容相互確認→お申込み→現地にて説明→契約→カギ預かり→業務開始→定期報告